OneToOne Care イメージ
OneToOne Care イメージ
OneToOne Care イメージ
OneToOne Care イメージ
OneToOne Care イメージ
OneToOne Care イメージ

One to One CARE とは

「One to One CARE」とは、開発者自らが脳梗塞で倒れ要介護になった経験から編み出された「引く」「押す」「まわす」「ふれる」「支点を変える」の5つの簡単な動作だけでできる「全く腰に負担のかからない介護テクニック」。埼玉医科大学の医学生の必修授業や医療現場の標準化技術として採用され、看護師らから看護・介護従事者の離職理由の第1位である「腰痛」が軽減されたと大きな評価を得ています。また、今まで多数の行政機関からの依頼により年間5000人以上が技術指導を受けております。最近では「少林寺拳法で介護ができる」を総監修し、各武道団体から大きな評価を得ました。また各メディアから多数の出演依頼と出版社からの執筆依頼が殺到し注目されています。

誕生秘話

One to One 福祉教育学院代表・埼玉医科大学客員教授

根津 良幸

全く腰に負担のかからない介護テクニック
誕生のきっかけは、突然訪れた悲劇・・・

今から十数年前の30代後半に私は脳梗塞で倒れました。朝起きるとその日、異常なめまいと耳鳴り、今まで経験したことのない頭痛に襲われ二階のリビングに上がると目の前が真っ赤になり、その瞬間意識を失いその場で倒れてしまいました。すぐに妻が119番に通報し、緊急搬送を依頼し、病院のICUに担ぎ込まれました。 私は三日間、意識不明の重体になりました。

受講者の声

ページトップへ